問い合わせ

1件~10件 (全166件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
昇順

片岡が7位発進=米男子ゴルフ

2018年1月12日金曜日 15時26分21秒 Asia/Tokyo

 【ホノルル時事】米男子ゴルフのソニー・オープンは11日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(パー70)で第1ラウンドが行われ、片岡大育が6バーディー、1ボギーの65で回り、首位と2打差の7位につけた。

 今平周吾は67で回り20位。宮里優作は72で116位、小平智と小鯛竜也は75で142位と出遅れた。

 ザック・ジョンソンとクリス・カーク(ともに米国)が63で回り首位に立った。

 

 

【関連記事】

松山、元日も最後まで練習 PGAが飛躍の鍵分析「パターが上手くなれば無敵に近い」

「応援してくれる人に笑顔を見せたい」が口癖のイ・ボミが見せた悔し涙

Posted By nyy seo
松山、PGAツアー公式サイト選出「2018年必見トップ30」で5位にランクイン

 米男子ゴルフは、2018年1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で新シーズンが本格的に幕を開ける。昨年同大会で2位だった松山英樹(レクサス)もいよいよ2018年のスタートを切るが、PGAツアー公式サイトは新たな戦いに挑む日本のエースについて、「そのエネルギーを最大化することに集中している」と分析している。

 2016-17年シーズン、松山は米ツアー3勝を挙げ、世界ランク2位をマークするなど、大躍進を遂げた。新シーズンにはメジャー初制覇を含め、さらなるステップアップに期待が懸かるが、PGAツアー公式サイトでも「2018年必見トップ30」の5位に選出されている。

 記事では、「3勝のシーズンを終えたにもかわらず、彼には目指す大きな目標がある」と言及。松山は昨年8月の全米プロゴルフ選手権で惜しくもメジャータイトルに届かず5位タイ、レギュラーシーズンでもポイントランク首位に立ちながらプレーオフで失速して年間王者の座を逃す悔しさを経験しており、「マツヤマは今季そのエネルギーを最大化することに集中している。彼は年間通してそのピークを持続できるか? または彼はビッグイベントとプレーオフに一致するようピークを調整できるか? それが彼の希望だ」と展望している。

 PGA公式サイトは、昨季松山が記録したデータも紹介。「スコアに対するショット貢献度」が5位、「アプローチ・ザ・グリーン」(パー3のティショット、あるいはパー4、パー5での第2打)が7位だったのに対し、パッティングは173位だったという。

「今度こそマツヤマが精神的なハードルを超えられるかを観るのは面白いだろう」

 そんなデータを受け、ツアー関係者のキャメロン・モーフィット氏は、「パットが上手くなれば、彼は無敵に近い」と展望。昨年のプレジデンツカップ最終日にジャスティン・トーマス(米国)とのマッチプレーで好ショットを連発した例を出しながら、「こんなの誰が倒せる? しかし、パターが行き交うと、奇妙にもマツヤマは普通に見えてくる。日本人男子選手はメジャー優勝した者がおらず、今度こそマツヤマがその精神的なハードルを超えられるかを観るのは面白いだろう」と話している。

 松山はすでにトーナメント・オブ・チャンピオンズが行われるマウイ入り。元日から最後の1人になるまで練習を続けていた様子を、PGAツアー公式ツイッターは写真付きで公開していた。新シーズン初戦で優勝を果たし、幸先の良いスタートを切りたいところだ。

 

 

【関連記事】

「応援してくれる人に笑顔を見せたい」が口癖のイ・ボミが見せた悔し涙

松村大輝が首位発進 松原大輔は出遅れ26位【日本プロゴルフ新人選手権 初日】

Posted By nyy seo

 女子プロゴルフで2015、16年賞金女王に輝いた韓国のイ・ボミ(29)=延田グループ=。今季は春先から不振をささやかれ、未勝利のまま開幕から3か月が過ぎた。5月最終週のリゾートトラストレディス初日。「お疲れ様でしたぁ」。72位で出遅れたが、いつも通りの明るい笑顔であいさつし、帰りの車に乗り込んだ。その直後だった。「棄権する。もう帰る」。せきを切ったように涙があふれ出した。こらえてきた感情を抑えきれない。清水重憲キャディー(43)ら関係者が必死に説得し、帰国を引き留めた。

 思えば、いつも勝った時に泣く印象が強い。「ボミ 涙の優勝」。そんな見出しを何度も見た。でも、涙はうれしい時だけ。惜敗や不調が続いても、ファンやメディアの前では、悔しさや苦しみから来るマイナスの涙を見せない。13年から専属契約する清水さんは「韓国人は負けて泣くことはない。文化的なものかもしれない」と話す。ある試合で他の選手が惜敗し、日本人の男性キャディーが号泣。大人の男が人前で涙を拭う姿を見たボミは「ありえない」と驚いていたという。

 2年間、ボミを支えてきたマネジャーは「負けた時はいろんな感情を必死でコントロールしようとするけど、勝った時はその必要がなくなる。だから、周りを気にせず泣くんじゃないか」と明かした。いたずらをしようとしても、すぐに顔に出てバレてしまうほど素直な性格。うそが苦手だが、つらい姿を隠す―それだけは守り通している。「良い時も悪い時も応援してくれる人に、私の笑顔を見せたい」。口癖のように繰り返すのは、一途な気持ちの表れだろう。

 今季は賞金ランク23位だったが、献身的なファンサービスで癒やしを与えた。イベントなどで大忙しのオフも、いつもの笑顔は変わらない。周囲が勝手に抱く期待にも、一生懸命に応えようとする。成績を残せず、顔なじみの女性記者に励まされ「かわいがってもらえて、うれしい」と瞳を潤ませた日もあった。男女問わずみんなの心を溶かす、浅倉南のような魅力。彼女の与える印象は“不朽の名作”かもしれない。

 

 

 

 

【関連記事】

松村大輝が首位発進 松原大輔は出遅れ26位【日本プロゴルフ新人選手権 初日】

【GOLF】タイガーのレッスン代は2,400万円 チャリティイベントで落札

Posted By nyy seo

017年のPGAプロテスト合格者のみが出場する「第19回日本プロゴルフ新人選手権大会 房総カントリーカップ」が、千葉県の房総カントリークラブ房総ゴルフ場 東コースにて本日21日(木)より2日間の日程で開幕。その初日、2016年の「関西学生ゴルフ連盟杯」の覇者・松村大輝が3アンダーで単独首位発進を決めて、優勝に王手をかけている。

1打差2位タイに永澤翔、増田将光。2打差4位タイに阿久津未来也、徳永圭太、南大樹ら7人が続いた。

昨年のチャレンジツアー「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ」でプロ初優勝を遂げた松原大輔は、2オーバー26位タイと出遅れている。

今大会の優勝者には、2018年の5月に開催される「日本プロゴルフ選手権大会」の出場資格が付与される。過去の優勝者に高山忠洋、谷原秀人、岩田寛、稲森佑貴らがいる。

【初日の順位】
1位:松村大輝(-3)
2位T:永澤翔(-2)
2位T:増田将光(-2)
4位T:阿久津未来也(-1)
4位T:徳永圭太(-1)
4位T:南大樹(-1)他

 

 

 

【関連記事】

【GOLF】タイガーのレッスン代は2,400万円 チャリティイベントで落札

イ・ボミ「感激」日本ツアー参戦7年目で待望の会員

Posted By nyy seo

『Golfweek.com』によると、米国時間11~12日に開催された「ハリケーン・ハービー・リリーフ・プロアマ」でチャリティオークションが行われ、タイガー・ウッズ(米)にゴルフを教わる権利が21万ドル(約2,400万円)で落とされた。

 今回のイベントは、今年8月中旬に発生したハリケーン・ハービーで被災した人たちを支援することを目的に開催され、レッスン費の21万ドルも寄付に充てられる。他の商品を含めると、100万ドル以上の寄付金が集まった。

 4ツアー(男子、女子、シニア、下部)から25選手が参加。パトリック・リード(米)、マーク・オメーラ(米)、ベン・クレンショー(米)、ジミー・ウォーカー(米)、ステイシー・ルイス(米)と豪華なメンバーがチャリティイベントを盛り上げた。

 レッスンは、日程は未定だが、ウッズ本人がデザインしたブルージャケット・ナショナルGC(テキサス州、モンゴメリー)で行われる予定だ。

 

 

【関連記事】

イ・ボミ「感激」日本ツアー参戦7年目で待望の会員

松山英樹はF・モリナリと同組 タイガーはJ・トーマスと復帰初陣へ

Posted By nyy seo

イ・ボミ「感激」日本ツアー参戦7年目で待望の会員

2017年12月7日木曜日 16時17分05秒 Asia/Tokyo

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は7日、都内のホテルで会員入会式を開催した。17年ツアーで優勝を飾った9選手のLPGA入会が承認され、式にはイ・ボミ、キム・ハヌル、姜秀衍、金楷林、イミニョン(すべて韓国)、森田遥、畑岡奈紗が出席。なおテレサ・ルーとフォン・シャンシャンは欠席した。今季からLPGAはツアー優勝した選手が会員申請した場合、理事会を経て入会承認している。

 11年の日本ツアー参戦から7年目で待望の会員となったイ・ボミは「感激です。優勝しないとかなわなかったからうれしいです」と素直に喜びを表現した。8月のCATレディースの1勝だった17年を振り返り、パッティングとショートゲームの課題を挙げ「オフの合宿で練習したいと思います」と強調。自ら広報大使を務める平昌五輪についても「会場に行きたい。ショートトラック、フィギュア、スピードスケートを見たいです」と話していた。

 

 

【関連記事】

松山英樹はF・モリナリと同組 タイガーはJ・トーマスと復帰初陣へ

【GOLF】鈴木愛が日本人最高位の世界31位 A.ジュタヌガーンは5位に浮上

Posted By nyy seo

タイガー・ウッズ(米国)が主催を務めるPGAツアーの非公式競技「ヒーロー・ワールド・チャレンジ」がバハマのアルバニーを舞台に、現地時間30日(木)から開幕する。開催に先立ち、初日の組み合わせが発表された。

昨年覇者の松山英樹は、今大会初出場となるフランチェスコ・モリナリ(イタリア)と同組。初日の第1組、日本時間の午前1時10分から先陣を切る。

優勝候補筆頭のジャスティン・ローズ(イングランド)は、昨季の欧州ツアーの年間王者に輝いたトミー・フリートウッド(イングランド)とのペアリング。今大会で10か月ぶりに競技復帰を果たすタイガー・ウッズ(米国)は、昨季の「全米プロゴルフ選手権」含め5勝を挙げる大ブレイクを遂げたジャスティン・トーマス(米国)と初日を戦う。

【主要組のティオフ(日本時間)】
01時10分:松山英樹、フランチェスコ・モリナリ
01時43分:ジャスティン・ローズ、トミー・フリートウッド
02時05分:タイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマス
02時16分:ダスティン・ジョンソン、ブルックス・ケプカ
02時38分:ジョーダン・スピース、マット・クーチャー

 

【関連記事】

【GOLF】鈴木愛が日本人最高位の世界31位 A.ジュタヌガーンは5位に浮上

不振に苦しむ石川遼が見せた“ゴルフ愛”

Posted By nyy seo

 米国時間20日に最新のロレックスランキング(女子世界ランキング)が発表となり、国内女子ツアーの大王製紙エリエールレディスオープンを単独2位で終えた鈴木愛が3ランクアップの31位に浮上。野村敏京を抜き日本人最高位に立っている。

 前週の試合に出場しなかった野村は2ランクダウンの33位、畑岡奈紗が45位、川岸史果が46位、上田桃子が5ランクアップの63位で日本人5番手となった。

 米女子ツアーの今季最終戦 CMEグループ・ツアー選手権を制したアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が4ランクアップの5位、同大会単独62位の上原彩子は127位となっている。また、1位フォン・シャンシャン(中)、2位パク・スンヒョン(韓)、3位ユ・ソヨン(韓)、4位レクシー・トンプソン(米)は先週から順位の変動は無かった。

 

 

【関連記事】

不振に苦しむ石川遼が見せた“ゴルフ愛”

【GOLF】H.ステンソンが肋骨負傷 タイガー復帰戦への出場も微妙か

Posted By nyy seo

不振に苦しむ石川遼が見せた“ゴルフ愛”

2017年11月15日水曜日 18時16分55秒 Asia/Tokyo

    男子ゴルフの石川遼(26=CASIO)が苦しんでいる。過去2度優勝して相性が良い三井住友VISA太平洋マスターズでは2日連続76で通算8オーバーの79位に沈み、国内自己ワーストとなる5戦連続予選落ちを喫した。

 入れ替え戦を戦った末に米ツアーの出場資格を失った石川は、日本ツアーを戦いながらスイング改造に取り組んでいる。「今まではフェースローテーションや体のねじれで飛ばしていたけど、フェースローテーションやねじれを使うと曲がるので、体のターンで打っていく」。飛距離よりも精度を重視したスイングを目指している。

 試合中もラウンドの前後に打ち込みを行っている。スタート前の練習は通常60~70球程度だが、今は200球近く打つこともある。「ほとんどドライバーと5番アイアンしか練習していない」。練習場で使うクラブが偏っているため、プレーにも影響が出る。「アプローチの距離感が合っていない。でも今はアプローチに練習量を割ける状態ではない」と言って表情を曇らせた。試合で良いスコアが出ないのは当然と言えば当然なのだ。

 それでも本人が前向きな姿勢を失っていないのは救いだ。練習場で球を打っている時も悩んでいるという印象はない。コーチの父・勝美さんは「大変だけど、本人は結構楽しんでやっている。72で回るためにやっているのではない。高いレベルに行くため、勝つためにやっているのだから」と明かす。谷底からはい上がろうとしているのではなく理想を追い求めている。だから前向きになれるのだ。

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日、予選落ちが決まった石川はホールアウト後、練習場に直行した。最後の1人になるまでボールを打ち続けた。約200球。時間にして1時間45分。太陽は沈み、空は暗くなり始めていた。打球を確認することさえ難しくなっていた。最後の1球を打ち終わった石川は、練習場のスタッフが待機する小屋に向かって歩き出した。

 「遅くまでありがとうございました」。そう言って深々と頭を下げた。暗がりで腰を折る姿を見て涙腺が緩みそうになった。人間として当たり前のことかもしれない。しかし、そのお辞儀にゴルフを愛する心が表れているような気がした。

 自分の少年時代を思い出した。野球が大好きで、日が暮れるまで球を追いかけた。球が見えなくなると、練習が終わる。グラウンドに一礼をして引き上げるのが儀式だった。

 石川の中にはそういう純粋さが残っている。ゴルフに対してまっすぐに向き合う男なのだ。今の不振から抜け出すことが簡単でないことは分かっている。しかし、ゴルフに対する真摯な姿勢がある限り必ず復活する。

 

 

【関連記事】

【GOLF】H.ステンソンが肋骨負傷 タイガー復帰戦への出場も微妙か

【GOLF】優作は小平、キムと同組 片岡、今平、リューのWGC出場組にも注目

Posted By nyy seo

 現地時間4日、欧州ツアーのターキッシュ・エアラインズ・オープン(トルコ、レグナム・カーヤ・ゴルフ&スパリゾート)で4日間を戦い抜いたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が、肋骨を負傷していることが分かった。

 最終日を1アンダー70で回り、通算4アンダー35位タイでトルコでの大会を終えたステンソンは、2週間ほど前から故障を抱えていた模様。当初は筋肉のトラブルと考えられていたが、どうやら原因が肋骨である可能性が高く、次週にMRIによる検査を受けるようだ。

 最終日の競技後、ステンソンは「先週から100%ではなかったが、その状態はさらに悪くなったみたいだ」と自身のコンディションについて言及。さらに、欧州ツアーの今季残り2戦の出場についても保留中と話している。

 また、現地時間11月30日に開幕するタイガー・ウッズ(米)の主催大会、ヒーロー・ワールドチャンレジ(バハマ、アルバニーGC)への出場についてステンソンは「それまでに僕の肋骨がプレーできる状態になっていてほしい」と意欲を見せたが、出場可否についての明言を避けた。

 ウッズの競技復帰など早くも注目を集める今年のヒーロー・ワールドチャレンジだが、昨季松山英樹に敗れ、惜しくも2位に終わったステンソンは出場できるのだろうか。

 

 

 

 

【関連記事】

【GOLF】優作は小平、キムと同組 片岡、今平、リューのWGC出場組にも注目

<男子ゴルフ>元世界1位のジェイソン・デイ、済州CJカップ出場のため訪韓

Posted By nyy seo

1件~10件 (全166件)

件表示
ページ:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
昇順