国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」で大会連覇を狙う吉田弓美子が、6バーディノーボギー「66」をマーク。6アンダーで首位タイに立つ好スタートをきった。開催コースのイーグルポイントGCに所属する身で、周囲の期待を背に受けながら完璧なゴルフを披露した。

シーズン中にはまったくコースに顔を出すことができないことから、自らを「幽霊所属プロ」と称する。しかし、普段は顔を出せない分、オフシーズンには積極的にコースの社員や従業員とコミュニケーションをとっている。

「キャディさん20名としゃぶしゃぶ会を開きました」。今年の1月に自ら主催し、もちろん会計は吉田持ち。さらに、同月に開かれたコース関係者総出の運動会に吉田も参加した。「トレーニング中で筋肉痛だったので、競技種目には参加できなかったのですが、借り人競争では参加者から『可愛い人!』『おしゃれな人!』って声がかかると、積極的に手を挙げて選んでもらいました(笑)」。

その甲斐あって「やっとみなさんに私のことを覚えてもらいました」と嬉しそうに話す吉田。さらに親睦を深めるために「そうですねー、社員旅行ですかね。去年だったらできたかもしれないですね。でも今シーズンはあまり稼げていないので」。今年の運動会に参加した従業員は約100人。その規模の旅行となると・・・。

昨年はこの大会を含め3勝を果たし約8,950万円を稼いだが、今季はこれまで「ヤマハレディース」の2位が最高で、賞金は現時点で約1,393万円。今週を含めた残り19試合で複数回優勝することができれば、目標を叶えることができるかもしれない。(茨城県阿見町/本橋英治)