国内女子ツアーのヤマハレディースオープン葛城は30日、静岡県の葛城ゴルフ倶楽部 山名コースを舞台に開幕。今季からホステスプロとなった大山志保、有村智恵らが優勝を狙う。

 昨季大会では、最終日にトップと2打差の2位タイから出た李知姫(韓)が「66」をマークして逆転優勝。最終的には後続に3打差をつける圧勝で節目となるツアー通算20勝目を静岡の地で挙げた。連覇を狙う李は予選ラウンドで原江里菜、吉田弓美子とのペアリングとなっている。

 大山、有村、ユン・チェヨン(韓)にとっては、ヤマハとの所属契約を結んで以来、初のホステス大会となる。特にツアー通算17勝を誇る大山には、今季ヤマハが掲げる所属選手でツアー通算10勝を目指す「WINNING 10 PROJECT」の第一歩となる期待がかかる。また、アン・ソンジュ(韓)、柏原明日架と予選ラウンドを戦う有村は2012年以来となるツアー優勝を目指す。

 昨季賞金女王のイ・ボミは海外メジャー初戦 ANAインスピレーション(現地時間30日〜2日/カリフォルニア州ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントC)に出場するため欠場するが、昨季大会で単独2位の申ジエ(韓)、2015年大会覇者の渡邉彩香らを中心にトッププレーヤーがフィールド入り。前週、最終日にエースを奪って逆転優勝を果たした若林舞衣子は連勝を狙う。

 

 

【関連記事】

中島啓太1位で決勝「ドライバー良かった」世界Jr