現地時間4日に開幕する米男子ツアーのウェルズ・ファーゴ選手権(ノースカロライナ州、イーグルポイントGC)を前にパワーランキング(優勝予想)が発表となり、ダスティン・ジョンソン(米)がトップ予想となった。

 ジョンソンは今季男子メジャー初戦、マスターズ開幕前日に宿舎の階段から滑り落ち腰を負傷。同大会を迎えるまでに出場した3試合全勝と好調だったが、棄権せざるを得なかった。そんな世界No.1プレーヤーが約1か月ぶりに試合復帰し、堂々の優勝予想1位となった。

 パワーランキング2位はジョン・ラーム(スペイン)。WGC-デル・マッチプレーでは惜しくも決勝戦でジョンソンに敗れたが世界にその名を知らしめた。世界ランキングは現在12位で、直近7試合中5試合でトップ10入り(1勝を含む)と成長著しい22歳がツアー2勝目を狙う。

 3位にはケビン・キスナー(米)がランクイン。前週開催されたチューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズではスコット・ブラウン(米)とペアを組みプレーオフの末、ジョナス・ブリクスト(スウェーデン)&キャメロン・スミス(豪)ペアに決勝で敗れたが素晴らしいプレーを披露。ラームと同じくツアー2勝目に向けて試合に臨む。

 以下、4位ウェブ・シンプソン(米)、5位ポール・ケイシー(英)、6位アダム・スコット(豪)、7位ビル・ハース(米)、8位フランセスコ・モリナリ(伊)、9位フィル・ミケルソン(米)、ルイス・ウーストハウゼン(南ア)と続いている。

 

 

【関連記事】

【golfoffjp】石川遼が参戦 世界1位のD.ジョンソンが復帰

【golfoffjp】残りは7試合…苦戦続く石川遼の現在地 残り必要ポイントは?