国内女子ツアーの今季メジャー第2戦 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯が7日、岩手県の安比高原ゴルフクラブを舞台に開幕。現在賞金ランキング2位の鈴木愛が大会連覇を目指す。

 昨季大会の優勝スコアは通算1オーバー。最終日トップと5打差10位タイから出た鈴木は、上位選手がスコアメイクに苦しむ中、3アンダー69で回り逆転優勝を果たした。今大会の優勝賞金3,600万円を手にすれば、目標の賞金女王への夢が膨らむ。

 賞金ランキング1位のキム・ハヌル(韓)、前週大会優勝のO.サタヤ(タイ)、上田桃子、葭葉ルミ、香妻琴乃、渡邉彩香、成田美寿々、アン・シネ(韓)、イ・ボミ(韓)らが出場する。

 

 

【関連記事】

アダム・スコットが予定より早く復帰 第3戦出場を狙う

前年王者のR.マキロイ、キャディを変えずにプレーオフへ