国内男子ツアーのHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2日/沖縄県、PGMゴルフリゾート沖縄)開幕前に予選ラウンドの組み合わせが発表された。

 PGMとスポンサー契約をしている宮里優作と宮里聖志。優作は、賞金ランク1位の小平智、チャン・キム(米)と、聖志は池村寛世、黄重坤(韓)と同組。互いに地元での優勝を狙う。

 平和とスポンサー契約を結んでいる池田勇太は、前週のマイナビABCチャンピオンシップでツアー初優勝を挙げた小鯛竜也、沖縄出身の正岡竜二を迎えてスタートする。

 3戦連続で予選落ちを喫している石川遼は、藤田寛之、出水田大二郎と、今季1勝の時松時松隆光は、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、姜庚男(韓)と予選ラウンドを戦う。

 その他、中国で開催されたWGC-HSBCチャンピオンズに出場した3選手、片岡大育、今平周吾、H・W・リューの組、ツアー通算31勝の片山晋呉、小田孔明、金亨成(韓)のペアリングにも注目だ。

 

 

【関連記事】

<男子ゴルフ>元世界1位のジェイソン・デイ、済州CJカップ出場のため訪韓

<男子ゴルフ>カン・ソンフン、世界ランキング25ランク上昇し80位に跳躍