松山、PGAツアー公式サイト選出「2018年必見トップ30」で5位にランクイン

 米男子ゴルフは、2018年1月4日から始まるトーナメント・オブ・チャンピオンズ(ハワイ州マウイ)で新シーズンが本格的に幕を開ける。昨年同大会で2位だった松山英樹(レクサス)もいよいよ2018年のスタートを切るが、PGAツアー公式サイトは新たな戦いに挑む日本のエースについて、「そのエネルギーを最大化することに集中している」と分析している。

 2016-17年シーズン、松山は米ツアー3勝を挙げ、世界ランク2位をマークするなど、大躍進を遂げた。新シーズンにはメジャー初制覇を含め、さらなるステップアップに期待が懸かるが、PGAツアー公式サイトでも「2018年必見トップ30」の5位に選出されている。

 記事では、「3勝のシーズンを終えたにもかわらず、彼には目指す大きな目標がある」と言及。松山は昨年8月の全米プロゴルフ選手権で惜しくもメジャータイトルに届かず5位タイ、レギュラーシーズンでもポイントランク首位に立ちながらプレーオフで失速して年間王者の座を逃す悔しさを経験しており、「マツヤマは今季そのエネルギーを最大化することに集中している。彼は年間通してそのピークを持続できるか? または彼はビッグイベントとプレーオフに一致するようピークを調整できるか? それが彼の希望だ」と展望している。

 PGA公式サイトは、昨季松山が記録したデータも紹介。「スコアに対するショット貢献度」が5位、「アプローチ・ザ・グリーン」(パー3のティショット、あるいはパー4、パー5での第2打)が7位だったのに対し、パッティングは173位だったという。

「今度こそマツヤマが精神的なハードルを超えられるかを観るのは面白いだろう」

 そんなデータを受け、ツアー関係者のキャメロン・モーフィット氏は、「パットが上手くなれば、彼は無敵に近い」と展望。昨年のプレジデンツカップ最終日にジャスティン・トーマス(米国)とのマッチプレーで好ショットを連発した例を出しながら、「こんなの誰が倒せる? しかし、パターが行き交うと、奇妙にもマツヤマは普通に見えてくる。日本人男子選手はメジャー優勝した者がおらず、今度こそマツヤマがその精神的なハードルを超えられるかを観るのは面白いだろう」と話している。

 松山はすでにトーナメント・オブ・チャンピオンズが行われるマウイ入り。元日から最後の1人になるまで練習を続けていた様子を、PGAツアー公式ツイッターは写真付きで公開していた。新シーズン初戦で優勝を果たし、幸先の良いスタートを切りたいところだ。

 

 

【関連記事】

「応援してくれる人に笑顔を見せたい」が口癖のイ・ボミが見せた悔し涙

松村大輝が首位発進 松原大輔は出遅れ26位【日本プロゴルフ新人選手権 初日】